fc2ブログ

Entries

多重債務者へ貸付制度 福岡県4月から 最大150万円を融資

アドセンス
【送料無料】ドラマCD 君も知らない邪恋の果てに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080214-00000015-nnp-l40
 福岡県は4月から、生活再建を目指す「多重債務者」の支援策として、県内の生活協同組合が組合員向けに行っている生活資金の貸付制度を事務面などで支援し、対象を一般県民に広げる。年収の3分の1以内(最大150万円)を限度に低利で融資。債務整理が済み、定職に就いていることなどが条件となる。

 行政による多重債務者への貸し付け支援は全国でも珍しく、同県は「再起の意欲ある人が再び債務者へ転落するのを防ぎたい」としている。

 現在、生協は組合員を対象に同様の貸し付けを行っているが、県が生協に業務委託し、貸し付け対象を一般の県民にも広げる。いったん債務整理が済んだ後も、子どもの入学費や治療費など定収では補えない一時的な出費が生じた人や、金融機関から融資が受けられない人などを想定している。貸付金利は年9・5%を予定している。

 生協が組合員を対象に県内4カ所に設置している多重債務者向けの相談窓口も、対象を一般県民に広げる。貸付金の資金調達や審査、回収業務は生協が行い、県は事務処理や相談業務にかかる経費を負担する。

 多重債務者は借金返済後も、一般の金融機関から融資を受けるのが難しく、一時的に出費がかさめば再びヤミ金融などから借り入れ、厳しい経済状態からなかなか抜け出せないのが実情。多重債務者への資金貸し付けを行政が支援する事業は、東京都が都社会福祉協議会と基金を設置している程度で、全国的にはまだ少ないという...

ニュースの続きを読む







関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト



 | BLOG TOP | 

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://winlove010.blog103.fc2.com/tb.php/990-3c0e8fea

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

スポンサードリンク

最近の記事

破産宣告とは

破産宣告(同時廃止を含む) 破産原因の存在が証明されれば、裁判所は破産宣告をなす。 裁判所は、破産宣告と同時に破産管財人を選任し、債権届出の期間、第1回債権者集会の期日及び債権調査の期日を定める(破産法142条1項、157条)。 また、裁判所は、直ちに、破産決定の主文、破産管財人の住所・氏名、債権届出の期間等を公告し、判明している債権者、債務者等にこれらを記載した書面を送達することを要する(同法143条1項、2項、118条1項)。 なお、公告と送達につき、破産法111条、115条1項、117条、118条2項を参照されたい。 もっとも、裁判所が、破産財団をもって破産手続の費用を償うに足りないと認めるときは、破産宣告と同時に破産廃止(破産手続を清算目的を達しないまま終了させる決定)をなすことを要する(同法145条1項)。これを同時破産廃止、あるいは単に同時廃止といい、この場合、破産管財人は選任されないし、債権届出の期間等も定められない。

スポンサードリンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス解析